スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hiroko Hatabu 女を美しくする9つの方法 ーその8ー 『澱』

女を美しくする方法。
うーむ、女子にとっては見逃せません。
ーその1ー は2005年の『微熱』でした。

これまでは全て陶器での展覧会でしたが、今回は…。
ori_19.jpg
うん?きらきら? これはガラス?
ori_12.jpg

陶器ではありません。
ガラスの小瓶がカラフルなセメントに埋もれています。
きれいな色です。
ori_18.jpg ori_07.jpg
      ori_10.jpg

これが『澱』なのでしょうか?
辞書を見直すと、
1 液体の底に沈んだかす。おどみ。
2 すっきりと吐き出されないで、かすのようにして積もりたまるもの。
やっぱりそうですよね。
うぅむ。その割にきれいでクリアな感じ。
このあたりに謎解きのヒントがあるかもしれません。
もっとよく見てみましょう。


砂浜に流れ着いたガラス瓶のような…。
手紙は入っていませんが、
ori_04.jpg
ori_06.jpg
指輪が入っているものがありました。

指輪が入っているものはフタまで埋もれているので
開けられません。
他は開けられるみたいですね。
なにか入れたくなってしまいます。

遠い昔の日記帳の鍵。
今は使わないピアス。

何を入れてみたいですか?

ori_05.jpg

ori_09.jpg

ori_20.jpg


そしてこんなのも。
ori_15.jpg エッフェル塔だ~。
ori_16.jpg その足元です。

ori_14.jpg
なんとなく、マザーグースの詩が思い浮かびます。
  女の子って、砂糖やスパイス、
  すてきなことでできてるの。
確かそんな内容だったと思います。

女の子から大人になるときに、
置いていく小さなたからもの。
こんなきれいな入れ物に仕舞っておけば、
それ自体がきれいに輝いて、
いつでもそこに戻れるかもしれません。


ori_01.jpg

ori_02.jpg
なみだを入れてみましょうか。



おもてなしは赤ワインベースのカクテル。
赤が印象的。
テーブルに落ちる影もきれいです。
ori_21.jpg
付け合わせ(?)は おいしいお漬け物。

元少女たちが集う、にぎやかな一夜です。


>>> Ip <<<
スポンサーサイト
プロフィール

ごろがま

Author:ごろがま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。